就職転職ヘッドライン
就職転職のニュースヘッドラインを集めています。
就活女子

就活女子 2021/01/15

【速報】佐賀で35人陽性確認 1日では最多

佐賀県は15日新たに35人の新型コロナ陽性を確認したと発表した。1日の感染確認数としては、1月12日と13日の32人を上回り最多。15日に陽性が確認されたのは、鳥栖市11人、唐津市8人、佐賀市7人、神埼市・江北町3人、有田町2人、小城市1人
https://www.fnn.jp/articles/-/131754
2021/01/15 20:28

澤田事務所
求む税理士・税理士受験経験者!「横浜・澤田税理士事務所」正社員募集横浜・澤田税理士事務所が正社員募集! 経営者と二人三脚で運営していく手腕に定評がある澤田健税理士が率いる澤田税理士事務所が正社員を募集...

佐賀のGoToイート券 販売・使用期間を延長

佐賀県内で使用できるプレミアム付きの「SAGAおいし〜と食事券」について販売が2月末まで、使用期限が6月末まで延長される見通しです。新型コロナで打撃を受けた飲食店を支援しようと国が進める「GoToEatキャンペーン」。県内では、「おいし〜と食事券」と称し60万冊の販売を予定していましたが、1月10日までに販売されたのはおよそ22万冊にとどまっています。県は15日、販売期間を2月末までとし、3月末までとなっていた使用期限も6月末までに延長する方針と発表しました。
https://www.fnn.jp/articles/-/131670
2021/01/15 19:34

ダンプ衝突 女子高生一時重体 カーブ曲がりきれず?

ダンプカーと軽自動車が衝突。女子高生が一時重体となった。15日午前8時半ごろ、静岡・湖西市の国道42号で、ダンプカーと軽自動車が衝突する事故があった。警察や消防によると、この事故で、軽自動車に乗っていた16歳の女子高生が一時重体となったが、現在は意識が戻ったという。また、運転していた70代の祖母も軽いけがをしている。警察は現場の状況などから、軽自動車がカーブを曲がり切れずに車線をはみ出し、衝突したとみて調べている。
https://www.fnn.jp/articles/-/131505
2021/01/15 17:29

就活女子 2020/10/03元柔道女子の悩み「変形した耳を出せない…」、恋人の気遣いで克服へ | ニコニコニュース  女性は男性に比べると、顔や身体のパーツに強...

大卒内定率82%、11年ぶり低下幅=コロナ禍、採用抑制―昨年12月|au Webポータル国内ニュース

 厚生労働省と文部科学省は15日、2021年3月卒業予定の大学生の就職内定率(20年12月1日時点)が前年同期より4.9ポイント低下し、82.2%だったと発表した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で旅
https://article.auone.jp/detail/1/2/3/5_3_r_20210115_1610693722844184
2021/01/15 15:50

高卒の就職希望1割減 コロナで進路変更、内定率は上昇―文科省:時事ドットコム

今春に卒業予定で就職を希望する高校生は、昨年11月末時点で前年同期と比べ1割以上減り、落ち込み幅が2009年のリーマン・ショック時を上回ったことが15日、文部科学省の調査で分かった。文科省は「新型コロナウイルスの影響で就職難が予想され、専門学校などへの進学に切り替えた生徒が多い」とみている。 文科省によると、全国の国公私立高校の卒業予定者101万9866人のうち、民間企業や公務員などの就職希望者は16万2195人。前年比で卒業予定者は2.7%減だったのに対し、就職希望者は11.2%減と大きな開き…
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021011500859&g=cov
2021/01/15 15:20

就活女子 2020/11/01女子63キロ級の鍋倉那美は3位 パリ五輪へ心機一転「就職先を探している」|au Webポータルスポーツニュース  新型コロナウイルス...

就職内定率83.7% 今春の公立高校卒業予定者 /長野 – 毎日新聞

 県教育委員会は14日、今春に公立高校を卒業予定の高校生の就職内定率が83・7%(前年同期比2・3ポイント増)だったと発表した。  新型コロナウイルスの感染拡大で雇用情勢が厳しさを増す中でも、高校卒業予定者の就職内定率が高水準を保てた要因について、原山隆一・県教育長は「コロナ禍でも、県内の中小企業を
https://mainichi.jp/articles/20210115/ddl/k20/100/198000c
2021/01/15 06:34

日銀神戸支店、阪神大震災に臨み支店長の即断即行を支えたもの:日経ビジネス電子版

1995年1月17日、阪神大震災が神戸を襲った。「お金」というライフラインを守るべく、日銀神戸支店は3つの異例の措置を断行した。そこに迷いはなかったという。それはなぜか。当時、神戸支店長と務めた遠藤勝裕氏は「日銀の役割を常に意識していたから」、それに照らせば対策はおのずと明らかになったという。これはすべてのビジネスパーソンに欠かせない心構えだ。
https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00179/011400034/
2021/01/15 05:02