就職転職ヘッドライン
就職転職のニュースヘッドラインを集めています。
採用トレンド

採用トレンド 2020/12/30

どうなる年功序列?その背景や成果主義への移行について知る:日経ビジネス電子版

グローバル化やデジタル化の急速な進展で、組織のあり方や働き方が急速に変わりつつある。転職は当たりまえの時代となり終身雇用の土台は揺らいでいる中、日本における年功序列という慣習はどうなるの?本記事は過去記事を通して日本の年功序列の課題やそのゆくえについて考察していく。
https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00081/122800122/
2020/12/30 17:10

就活とコロナ 2020/07/23「オンラインOB・OG訪問」大盛況!就活生にも企業にもメリット大の理由 | 就活最前線 | ダイヤモンド・オンライン 大学の部...

国家公務員、秋試験は好調 知識量よりプレゼン能力?:時事ドットコム

国家公務員の総合職採用試験への申込者総数が減少傾向にある。将来の霞が関の幹部候補を選抜する試験ながら、学生の民間志向などを背景に、2020年度は旧I種試験を含めて初めて2万人を割り込む見通しだ。ただ、総合職試験の中でも、秋に実施する「教養」区分には、申込者数が年々増加。人気の背景には、知識量よりプレゼンテーション能力などを重視することや、大学3年から受験できるメリットがあるようだ。 教養区分は、12年度に新設。20年度の申込者は、初年度の約3倍となる3000人超に達した。春試験と大きく異なるのは…
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020123000244&g=pol
2020/12/30 09:10

驚愕! 日本海軍が搭乗員適性試験で採用した人相見の驚異の的中率(神立 尚紀) | 現代ビジネス | 講談社

驚愕! 日本海軍が搭乗員適性試験で採用した人相見の驚異の的中率(神立 尚紀) | 現代ビジネス | 講談社
「海軍兵学校の入校式では、校長の松下元少将が訓示で、兵学校教育の目標について、『科学者たる武人を養成するにあり』と明言されたのが印象的でした。海軍兵科将校は、単なる文武の人ではなく、科学の知識を備え、その粋を集めた兵器を合理的に活用できなければならない、ということです。ところが、飛行学生となり、操縦、偵察に分ける適性検査に人相見が出てきて、海軍はなんと古くさいことをやるのかと驚きましたよ」 と回想する、黒澤丈夫(少佐、1913‐2011。戦後、群馬県上野村村長)のような人もいた。 ではなぜ、海軍は、当時の科学の粋を集めた飛行機の搭乗員の選考に「人相見」を導入したのか――。
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/78753
2020/12/30 06:01